忍者ブログ
自由発想・自由デザインの自作自転車キット
 6 |  26 |  27 |  2 |  10 |  11 |  12 |  28 |  29 |  30 |  31 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モノをツクル

手作りのケーキを作 るのも、手作りの自転車も作ること、手作りの洋服を作ることも、作ることに変わりはない。誰もが最初からおいしいケーキとか、快適な自転車を自由に作れた わけではない。無から有は生じることはなく、何らかの努力によって知識を獲得したおかげである。このようなことから、わたしたち人類の学名はホモ・サピエンスという。すなわち、考える人、賢い人という意味がこめられている。

昔読んだJohan Huizinga : Homo Ludens 1938 では遊びは文化よりも古い。「ホモ・ファーベル」(作る人)よりも「ホモ・ルーデンス」(遊ぶ人)が先にある。これがホイジンガの大前提である。そうだと すれば、どんな文化についても、そこに遊びの要素を発見できさえすれば、楽しみが増えやがて「文化」という歴史が刻まれていく。我々はもともとがホ モ・ルーデンスであるからだ。すべからく“遊び人”なのだ。子供のときに誰もがその原型的な経験を持っている。

現在人は多くの叡智を獲得し宇宙空間に人が居住する時代になろうとしていることから、やがては宇宙をも支配する勢いが伺える、だが、まだ、とても宇 宙人というような存在ではない。なぜなら人間の倫理は地球の表層と僅かな空間を出発点として生態系や社会の規範から個人の意識の尺度まで、その活動の場 は、多様性と多岐にわたる層構造をもつ制約のなかで地球人として生存しているとみなすことができるからである。

いわば地球人は生態系次元に「埋没」するが同時に意志的に、そこから「表出」可能な実存であるとも認められる。自然を客体化した科学技術の思想で開かれる 文明社会と自然を主体化したエコロジー的な社会へ向かうパラダイム・シフトも確実に起こりつつある。われわれの世界観は一つの国や国際という単位を越え て、地球人的になってくる。

全体論を越えて、その彼方に理想の環境の場を創造する、新しい社会モデルの倫理を構想することも必要だ。人類は、今や温室世界に足を踏み入れたといえる。エネルギー危機と地球温暖化傾向は、人類の生き残りをかけた有史以来最大の課題である。この課題に 有効に対処するために、人類は新たな世界観を開拓する必要があるだろう。それはベルギーの物理学者イリヤ・プリゴジーンとその協力者達によって調べられ た、散逸構造論の基礎となる原理を重視した世界観である。

ちょっと場違いな話をしてしまったようだが恐ろしいプルトニウムで核爆弾を作るということも同列である、わたしたちはすでにアインシュタインを超える知識 を持ち合わせている、だから、材料と、道具があれば核爆弾を作るということも可能である、最近の国際問題で話題になっているイラン・北朝鮮の核開発 についても核爆弾を作ることは完成していると考えられる。

だが、難しく困難なのは誘導弾として、ロケットなどで相手に攻撃する手段は、まだ完成の域には達していないだろうと思っていたところに七連発で国際社会を驚かせている。
だがこのロケットは大金がかかり、とても経済的なゆとりがなければ作り出せるものではない、確かにわたし個人でも核爆弾は作れるがロケットは無理。だが、1999 年に日本では一人の人間がウランとバケツで裸の原子炉の実現に成功している。

お気の毒に臨界の代償として命を落とされたが、もしこれと同じ事を南極の氷床の上で規模を大きくして氷床の融解を行えばどうなるのか。地球の温暖化という 結果と同様に、南極の氷床が総べて溶解してしまうと海水面が60メートル上昇することになりこれまでの文明が消滅してしまうことになる。

このような話を取り上げたのはこれから先の人類がどのようになるのだろうかと考えたからである。日本は世界に先駆けて少子高齢化という人口減少の傾 向にあるが、世界的に見ればまた、爆発的に増えていくものとの見方が多い、20世紀後半では、ZPG運動というこれ以上人口を増やすなという時代があっ た。だが人類学者の考えではこの先100億人に人口が増加するという予測もある。

このような時代を仮に迎えたとしたら、人類は平和で省資源の中で暮らすことになる。さすれば、エネルギー効率の非常に高い自転車は100億台必要になるも のと考えて見ると巨大なサイズのマーケットになることが容易に想像できる。この時代に、このビジネを展開していることがあったとすれば巨大な利益を獲得することになるだろう。だからこそ、今からツクルンデス。
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール
Copyright ©  KitLegon  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]